HOMEコラム > 体質診断チェックpart1(気体質)

体質診断チェックpart1(気体質)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

こんにちは、経絡リンパマッサージ協会の星野です。

東洋医学では、「気血水」(=エネルギー)の3つが過不足なくからだの中でめぐっている状態が健康ということを指します。人にはそれぞれ、気、血、水に影響されやすい人がいて、それはその人がもつ体質を表しています。自分の体質をよく知ったうえでマッサージを行うと、不調改善やダイエットも成功しやすくなります。

今回は自己診断「体質チェックpart1(気体質)」をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現代の生活では、長時間のパソコン作業や人間関係でのストレス、睡眠不足など、気血水の流れが悪くなる要因がたくさんあるため、普段の生活のなかで自分のからだを意識してケアすることはとても大切です。

「気」とは、人の生命活動に必要なエネルギーそのもので、内臓を働かせたり、からだの温度を保ったり、からだに悪いものがはいらないように保護したりとさまざまな役割を担っています。その機能が衰えると、冷えやたるみといった症状があらわれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分に当てはまる症状をチェックしてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【気の滞り】

□ イライラしやすい

□ お腹にガスがたまって張ることが多い

□ ゆううつ感がある

□ よくため息を吐く

□ おなら・げっぷがよく出る

【気の不足】

□ いつも疲れている

□ 息切れがしやすい

□ 声に力がなく、ボソボソしゃべることが多い

□ 胃下垂、または胃腸が弱い

□ 何もしていなにのに汗が出る

さて、いくつチェックがつきましたでしょうか?

一つでもチェックがついた方は、気体質の可能性があります。

元気、やる気、人気という言葉があるように「気」は人のエネルギーやパワーのこと。気が不足していたり、うまくめぐっていない人は、些細なことで落ち込んだりイライラしたりする傾向があります。精神的に疲れやすく、ストレスを溜め込みやすい性格なので、こまめに発散することが大切。リラックスできる時間を意識してつくり、心の疲れをほぐしてあげましょう。

【特徴】

見た目:元気がない、赤ら顔、ポッコリお腹、いかり肩

性格:おとなしい、そそっかしい、短気、あまり物事を考えない

体質;お腹がはりやすい、疲れやすい

————————————————————————–

気をめぐらせて、活気あふれるからだにするためには?

————————————————————————–

気が低下しやすい気体質のあなたは、「冷え」や「たるみ」のトラブルを抱えやすいタイプです。気が低下する主な原因は、加齢や過労、栄養不足など。よく無理なダイエットを行って、体重は減ったものの、思い描いたメリハリあるボディではなく、たるんでハリのないからだになってしまったという経験はありませんか?これも気の低下によるもの。また、不自然なダイエットは冷えの症状を生じやすくすることが問題です。

気体質の方には、気をからだに充実させて、冷えやむくみが起こりにくいからだに変えるためのセルフケアを行うことをオススメします。

ーーーーーーーーーーー

経絡リンパマッサージで、気血水を整え、不調知らずの美ボディを目指しましょう。

それでは次回をお楽しみに☆