HOMEコラム > チョコレートの効果

チョコレートの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

皆さん、こんにちわ。経絡リンパマッサージ協会の永井です。

二月と言えば!

前回は「節分」についてお話をしましたが、「バレンタイン」もありましたね!

私は、甘いスイーツの中で特にチョコレートが大好きです。最近では男性からチョコを贈る逆チョコというのがあるそうですね。

今回は、「チョコレートの効果」についてご紹介します。

そもそもチョコレート(カカオ)の歴史はとても古く、紀元前1900年頃から利用され、チョコレートの原料になるカカオ豆は「テオブローマ」(神の食べ物)と呼ばれ大変貴重なものとされていました。

マヤ文明やアステカ文明では、栽培食物とされていた事が壁画や土器などから判明されています。その後、コロンブスによってヨーロッパに伝えられ今に至ります。

現在では甘いチョコレートが主流となっていますが、最初は薬として用いられていました。カカオは様々な栄養素が含まれています。

ーーーーーーーーーーー

①ポリフェノール

ーーーーーーーーーーー

カカオのポリフェノールは、特にコレステロールの酸化を防いで動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的と言われています。
最近の研究では癌の予防効果やストレスへの抵抗力を高める効果等も報告されています。

ーーーーーーーーーーー

②テオブロミン

ーーーーーーーーーーー

大脳を刺激して集中力や記憶力、思考力を高め、気力をUPさせます。カフェインと同様の覚醒効果がありますが、カフェインよりも緩やかに作用します。自律神経を調節する作用もあるので、緊張を和らげリラックスさせる効果も。

この他にも食物繊維やミネラルも含まれている万能な食べ物です。またチョコレートの成分はとても吸収が早いので小腹がすいた時に少し食べるだけで満腹感が得られます。ちょっと疲れた時やイラっと来た時の気分転換にも効果的です。
(*注意点:過度の摂取は病気の原因にもなります。)

ーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。

*食べ過ぎは病気の原因にもなりますので、適切な量を摂取するようにご注意下さい。

それでは、次回をお楽しみに☆

ーーーーーーーーーーー